何事も。

今日は、次回

6月24日(土) START 17:00
at On The Roof+(阿佐ヶ谷)


のライブに向けての、綿密な(^o^)練習でした。

オッサン(だけ)4人、イン・ザ3畳の練習スタジオ。ますますノリが「女子会」になってきてるな…。
いや実際のところ、思ったほど窮屈ではなかったんだけど。
それより過酷だったのは、二酸化炭素排出による温室効果(?)かも。何せ全員が、腹式呼吸!

それでは今回の練習で、個人的に「ツボった」発言集。

・ベルトーンでまさかのダブルクリック(爆)
・じゃあもう一度、20小節目の「前腕部」から。
・楽譜に燦然と輝く「治」の文字…dim.の和訳でした。しかも「収」に修正。
・今日も印旛沼攻撃に、さっそくジワジワとやられているメンバー約1名。
・問題は「23度半」を、どうやってハモるかだ。
・そこまで歌い手を信頼されてもねぇ…(苦笑)。
・ほら、これで本来の輝きに…ピッカピカ(^o^)
・「立ち会い」か~ら~の、「130km/hオーバー」モード、な展開!(ライブ演奏仕様)
・に比べたらTempo204の曲なんて、小学校の徒競走くらいのもんだよな。
・「俺、あんま頑張んない人間なんで」「…」(メンバー全員の共通項!であること判明)

なんか音楽の練習とも思えない単語のオンパレードですが…。
ぜひ次回のライブにお越しいただき、どの曲のどの部分だったか、想像を膨らませながらご覧いただければ。

その練習前日は暗譜しとこうと楽譜を持って、何かと誘惑の多い自室から出て、いつもの海辺の公園に行ったところ、エアレースに遭遇しちゃいました。

何の予備知識もないままの「遭遇」でしたが、実際に現地で見るものはやはり迫力が違います。
そういう意味で、一度は生で見てみたかったなぁと思っていたのは、フィギアスケートの浅田真央さんの演技。きっとテレビで見るのとは全く違う迫力ものだったんだと、想像の範囲を出ませんが。

翻って音楽の分野でも、各種イベントへの応募方法が音源からYoutubeになったりして、動画は「知るきっかけ」としては簡単に接することができるようになりました。しかし会場全体を包むそのバンド特有の空気感、という点では全く別物、ということがよくあります。アコースティックな楽器、特に声などは、チープなパソコンやスマホのスピーカーから出てくる音と生音では、全く趣きが違うものだなと(俺はまだガラケー派ですが)、自身も知人のアカペラ・ライブに足を運ぶたびに思います。
というわけで鈴木よしひささん、Saigenjiさん、そして我々WINS阿佐ヶ谷の演奏を、まだご覧になっていない方は、この「お得な組み合わせ」をぜひ、この機会に体験してくださいませ。

詳しくは、このHPトップをご覧ください。

引き続き、仕込み中。

「コンセプトはオフィスラブ」なる看板が、気になっています。

この週末の関東はこの時季にしては日差しが暖かい、のはありがたいが、そうなると憂鬱な、人一倍過敏なセンサーが搭載されているメンバーふたりには既に感知されてしまった、花粉飛散。いつもなら「今日はこのくらいで勘弁してやるかっ!」なわけだが、今日はすっかり弱気な俺「今日はもう、この辺で勘弁してください…」。

いやー、実際かなり梃子摺っております新曲の仕込み練習2回目。

前回とりあえず譜読みを終えて、改めて「自習」段階でしげしげと楽譜を眺めると、アレンジャーの創意工夫の跡が…なにせ歌ってるのが4パートしかいないので、ベースもリズムを刻んでいるだけに留まらず、リードとのデュエット部分なんかも発見! ここは集団縄跳びの「お入んなさいっ」的な歌い方を心がけることにしよう(笑)。

楽譜を見ながら歌う段階の練習、というのは、お芝居でいうところの「ホン読み」段階と同じだ。

元来練習は嫌いな俺なのだが、こうやって、音程や歌詞だけでなく、メンバー全員であーだこーだアイデアを出したりイメージを共有しながら徐々に「肉付け」して、ただの「オタマジャクシ」(楽譜)が、魂の入った歌の形になっていく段取りは、実は人前で歌うことよりも楽しい時間なんじゃないかと思ったりする。

それにつけても今日は、俺とゆたかさんが妙な「刷り込み」に翻弄させられてしまった一日だった。違う曲でありがちなリフを頭のどこかが強烈に記憶しちゃっていたらしく、つい口をついて出てきてしまう、が当然、今日の楽譜とはパターンが違う。

前回の譜読み練習では、さすがに自分の音を維持するのが精一杯だったが。

正しい音を憶えてしまおうと、道中MIDIを繰り返し聞いてきたわけだが、1曲通して聴いていると自分なりに「ここ、シビレルぅ」というコードが何箇所かあって、こういう自分の感覚(嗜好)は信じるようにしている。

今日はリードというよりは、そういう箇所できっちりとハモりたいな、ということで、自分なりに歌い方にメリハリ、というかリードとコーラス部分で声のトーンを大きく変えるように心がけてみた。

さて、次回の練習テーマは、「感情を込めて歌う」です(ホントかよ)。